ふるさとギフト担当増田 博一

ファミリーホーム『エニシバホーム』 里父

琉球大学法文学部卒。読売新聞の記者として、大阪市西区の「2児餓死事件」など児童虐待や貧困問題の取材を続ける傍ら、2017年からは里親として2児を育てる。2019年には17年半在籍した同社を退職し、妻とともに神戸市垂水区で小規模住居型児童養育事業所(ファミリーホーム)「エニシバホーム 」を開設。子どもたちが社会に出てからもつながり続け、支えていけるような「縁(エニシ)」を育む「場(バ)」になれるよう奔走中。神戸市ファミリーホーム協議会の事務局も務める。

役員

スタッフ